利府ゴルフ倶楽部 コース情報

 テレビ中継用コース空撮動画

 hole.1

 hole.14

 hole.16

 hole.17

 hole.18


「利府ゴルフ倶楽部」
「攻める」愉しさに満ちたコース。

のびやかなランドスケープを誇る「利府ゴルフ倶楽部」の18ホールはすべてが異なる個性豊かな表情を持つホール構成。アップダウンが少なく、しかもブランドが少ない極めてフェアなコース設計やホール間のインターバルが短く設計されています。とはいえ、微妙なアンジュレーションやこきみよく配置された池とバンカーなど計算しつくされた戦略的なコンセプトが貫かれています。


やや打ち下ろしのミドルホール。第1打は左右にバンカーがあるが、力まずセンターを狙いたい。第2打は距離がないので2オンが十分狙える。

左右がOBで、手前に池がある。戦略性の高いロングホール。フェアウェイが右に傾斜しているので、やや左サイドが狙い目。第2打からもフェアウェイキープを心掛けたい。

第1打が打ち下ろしで、第2打が打ち上げとなるミドル。グリーン手前のバンカーに注意して見事2オンを果たしたい。

池が強くプレッシャーを与えるショート。ひとる大きめのクラブをもってスムーズなスイングを心掛けたい。距離はあるだけにワンオンの喜びはひときわ。

もっと長いミドルホール。第1打は左サイドにバンカー、OBが

ティーグランドの前に谷があり、第1打はやや打ち上げ。左サイドにはバンカーが待つ。第2打も打ち上げなので、ひとつ大きめのクラブでナイスショットを放ちたい。

最も距離が長いショートホール。もちろん、難易度も高い。風によって使用クラブの選択が難しく、ドライバーが必要となるかもしれない。

打ち下ろしのロングホール。気持ちよくティーショットが放てるが、右サイドのバンカーに捕まりやすいので要注意。第2打はやや打ち上げで、クロスバンカー群に注意。

やや距離のある打ち上げミドル。右サイドは崖になっているので大きなスライスは禁物。第2打は手前のガードバンカーに注意。寄せワン狙いで気分よくホールアウトしたい。

ゆるやかな打ち下ろしのスターティングホール。比較的プレッシャーは少ない。第1打は思い切ってセンターを狙おう。

左サイドはOB、グリーン左手前にバンカーが待つ。狙うなら右サイド。距離は長いが、できればナイスショットでワンオンを果たしたい。

第1打を池が待ち受け、プレッシャーを感じるが、ティーより120ヤード先に打てば越える。第2打からは若干の打ち上げ。距離感に注意したい。

右サイドがOBなので、第1打は左サイドを狙いたい。第2打は左に池があり、グリーンが上がっている。ひとつ大きめのクラブで攻めよう。

もっとも距離のあるロング。左200ヤードの地点に大きなバンカー。そこから左ドッグレッグ。フェアウェイは広いので思いっきり打てる。

池越えの美しいショートホール。2段グリーンで、ピンの位置によって攻略法が異なる。

第1打はやや打ち下ろし。フェアウェイが広く美しく、思いっきりたたける。第2打は左サイドに池。右サイドから攻めたい。寄せワン狙いも悪くない。

やや打ち上げのミドル。右にダブルバンカー、左にもバンカーがあり、狙いは中央。グリーン奥にもグラスバンカーがあり、オーバーは禁物。

右サイドに美しい池と滝があるロングホール。第1打は思いきって右を狙い、第2打からはフェアウェイはやや広く打ち上げ、センター狙いで攻めていきたい。